デリケートゾーンの黒ずみにトラネキサム酸配合クリームは有効?!

デリケートゾーンの黒ずみにはトラネキサム酸配合のクリームが有効?

デリケートゾーンの黒ずみにはトラネキサム酸配合のクリームが有効?

デリケートゾーン黒ずみ、ちょっと恥ずかしいですよね。

自宅で簡単に黒ずみをキレイにしたい時にはトラネキサム酸が効果的です。

本記事では、

  • デリケートゾーンが黒ずむ原因
  • 黒ずみ対策や予防方法
  • デリケートゾーンケアのクリームを選ぶ時の注意点
  • トラネキサム酸入りのオススメクリーム

などをご紹介いたします。

デリケートゾーン全般の悩みについて書いていますので、これを読めば、デリケートゾーンの黒ずみに悩むことも少なくなるはずです!

  1. デリケートゾーンの黒ずみができてしまう7つの原因
    1. 黒ずみの原因はメラニン
    2. 下着による締めつけ・摩擦
    3. ムダ毛の自己処理
    4. 女性ホルモンの乱れ
    5. 加齢でターンオーバーの周期が遅くなる
    6. 排泄時や月経時のふき取り
    7. 肌の乾燥
  2. デリケートゾーンの黒ずみを引き起こす3つの間違ったムダ毛処理方法
    1. 肌にダメージを与えるカミソリ
    2. 毛穴の周りに悪影響がでる毛抜き
    3. 肌や毛穴にダメージを与えるブラジリアンワックス
  3. デリケートゾーンの黒ずみをなくす6つの対策と予防
    1. アンダーヘアは正しい方法で処理する
    2. デリケートゾーンは刺激を与えないように優しく洗う
    3. 肌に優しい素材・サイズの下着を着用する
    4. 刺激の少ないナプキン・トイレットペーパーを使う
    5. デリケートゾーン用のウェットシートを使う
    6. 栄養バランス・生活リズムを考える
    7. デリケートゾーン専用の黒ずみクリームでケアする
  4. デリケートゾーンの黒ずみにトラネキサム酸が良い3つの理由
    1. 多くの医薬品に使われている実績のある成分
    2. メラノサイトの抑制
    3. 抗炎症作用
  5. デリケートゾーンの黒ずみケアができるクリーム選びの6つのポイント
    1. 即効性が高い商品
    2. 美白成分が含まれているクリーム
    3. 無添加で肌に優しいクリーム
    4. 十分な保湿成分が入っているクリーム
    5. 予算にあった価格の商品
    6. お試しができる返金保証付きのクリーム
  6. 【トラネキサム酸配合】デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームランキング
    1. 3位 ヴィエルホワイト
    2. 2位 ホスピピュアVIO
    3. 1位 イビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみができてしまう7つの原因

デリケートゾーンの黒ずみができてしまう7つの原因

黒ずみの原因はメラニン

黒ずみはメラニンが黒色化することが原因です。

そんなメラニンはどうして発生するのかというと、紫外線や肌への刺激から私達の皮膚を守ろうとすることで発生します。

つまり、刺激を受ければ受けるほど防御しようとするメラニンが活性化してしまいます。

そして、過剰に発生したメラニンはターンオーバーで剥がれ落ちにくく、肌に残ってしまったメラニンが色素沈着して黒ずみになります。

下着による締めつけ・摩擦

例えば、水着や自分に合っていないサイズの下着をつけている時。

このような締め付けが多い衣類をずっと身につけていると、締め付けられている部分に摩擦が起きて肌がストレスを感じます。

すると、メラニンが発生しやすく黒ずみラインが出来てしまうこともあります。

ムダ毛の自己処理

私も何度となく経験があるのですが、普通のカミソリでのムダ毛処理って黒ずみの原因になるのです。

なぜなら、カミソリは肌の必要以上の油分までこそぎ落としてしまうから、肌が乾燥して黒ずみになりやすくなります。

じゃあ、カミソリではなく、レーザー脱毛ならいいのかというと、レーザーも肌に軽い火傷を追わせている状態になります。

そのため、肌ストレスがはんぱなく、黒ずみしやすいのです。

女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンは、生理周期や妊娠することで大きく変化します。

特に妊娠20週を過ぎる頃からは、女性の2大ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの働きが強くなります。

2代ホルモンはメラニンを刺激しやすいことが特徴で、何もしていないのに黒ずみができてしまうなんてこともあるのです。

ただし、妊娠期で発生した黒ずみは、出産してホルモンが元の状態に戻るとなくなる場合もあります。

加齢でターンオーバーの周期が遅くなる

肌のターンオーバーは、

  • 20代→28日周期
  • 30代→40日周期
  • 40代→55日周期

くらいと言われています。

つまり、年齢を重ねるごとに肌は生まれ変わりにくくなるということ。

「ターンオーバーの乱れは自分で自覚できるのか?」というと、肌の乾燥が気になりだした時が乱れ始めた時だという目安になります。

つまり、20代でも肌の乾燥が気になる場合は、通常の28日周期よりも乱れて遅くなっている可能性が十分にあるということです。

排泄時や月経時のふき取り

トイレでデリケートゾーンをふき取る回数は、1日に数回ありますね。

この数回のふき取りも、肌へは刺激となっていることが多く、黒ずみの原因になります。

肌の乾燥

肌が乾燥するとバリア機能が落ちることは想像ができますが、実は保水力も落ちてしまいます。

保水力が落ちると、肌の老化が加速してターンオーバーが乱れ、黒ずみになりやすくなります。

また、肌が潤いを満たそうと過剰に皮脂分泌を行うことで毛穴に汚れが溜まりやすい状態になります。

すると、毛穴の汚れが酸化して黒ずみに見えることもあります。

デリケートゾーンの黒ずみを引き起こす3つの間違ったムダ毛処理方法

デリケートゾーンの黒ずみを引き起こす3つの間違ったムダ毛処理方法

肌にダメージを与えるカミソリ

カミソリが与える肌へのダメージはかなり大きいもの。

カミソリを使うと、

  • 肌の油分が落ちて乾燥し、ターンオーバーが乱れ黒ずみになる
  • 新たなムダ毛が生える時に痒みから生じて肌をこすり、黒ずみになる

というダブルパンチで黒ずみの原因を作ります。

毛穴の周りに悪影響がでる毛抜き

毛抜きをする時って、多かれ少なかれ刺激がありますよね。

その刺激でメラニンが肌を守ろうと毛穴に過剰に集まってくるのです。

肌や毛穴にダメージを与えるブラジリアンワックス

手持ちの毛抜きではなく、ブラジリアンワックスなどの毛抜き専用シートを使っても肌には刺激を与えます。

ブラジリアンワックスは、毛抜きの中でもデリケートゾーンに使えると謳っているものもありますが、ムダ毛の生えている方向とは逆方向に剥がすため、すごく毛根にとってはダメージが大きいのです。

デリケートゾーンの黒ずみをなくす6つの対策と予防

デリケートゾーンの黒ずみをなくす6つの対策と予防

アンダーヘアは正しい方法で処理する

デリケートゾーンは他の皮膚より刺激をうけやすいです。

処理をする時は正しい方法で行いましょう。

  • ムダ毛を柔らかくして刺激を少なくするために、蒸しタオルで30秒ほど温める
  • 処理したい部分を決めたらトリマーを使い1㎝くらいにカットする
  • 電気シェーバーを使い整える
  • 保湿をして肌を落ち着かせる

デリケートゾーンは刺激を与えないように優しく洗う

ボディーソープでデリケートゾーンを洗うと、刺激でヒリヒリすることもあります。

これは、デリケートゾーンは通常のボディーソープだと洗浄力が強すぎることが原因です。

デリケートゾーン専用の石鹸なら、洗浄力が強すぎるということはありません。

濃密な泡を作って指で優しく洗えば、刺激が強すぎて肌がヒリヒリすることもなくなります。

肌に優しい素材・サイズの下着を着用する

肌に優しいおすすめの素材は、シルクやコットン生地です。

肌触りも柔らかで、肌に接触しても刺激になることがありません

また、サイズが分からない時にはお店の人に採寸してもらっても良いですね。

どうしても締め付けがある下着を着用しなければいけない時にも、1週間に2.3日は締め付けられない下着を着用することを意識するだけでも、黒ずみはケアしやすくなります。

刺激の少ないナプキン・トイレットペーパーを使う

ナプキンは出来るだけこまめに変えます。

夜など長時間つけている時には、サラサラ感が持続しやすい吸収性に優れたナプキンを選びましょう。

トイレットペーパーも同じく、手触りが柔らかいと感じるものであまり着色されていないものを選びます。

デリケートゾーン用のウェットシートを使う

毎日ではなくでも良いですが、デリケートゾーン専用のウェットシートを使う習慣をつけるとデリケートゾーン内が清潔に保ちやすくなります。

清潔感が増すと、蒸れによる痒みや細菌感染を予防しやすいので、黒ずみケアにも繋がります。

栄養バランス・生活リズムを考える

新陳代謝を活発にしないと、ターンオーバーが乱れてメラニンが排出しにくく黒ずみの原因になります。

新陳代謝を高めるには、体を温めるショウガやにんにくを食べることです。

また、野菜を積極的に摂取して便秘予防をすることで巡りを良くし、代謝を高めましょう。

デリケートゾーン専用の黒ずみクリームでケアする

通常の顔や体に使う黒ずみケアクリームでは、刺激が強すぎてデリケートゾーンには使えない成分も沢山あります。

デリケートゾーン専用の黒ずみケアアイテムを使うことは肌を守る上でとても大事なこと。

デリケートゾーン専用の黒ずみクリームを使うと、刺激が少なく美白ケアできる成分や、保湿力が高めの成分が含まれているので、肌を守りやすいんです。

デリケートゾーンの黒ずみにトラネキサム酸が良い3つの理由

デリケートゾーンの黒ずみにトラネキサム酸が良い3つの理由

多くの医薬品に使われている実績のある成分

トラネキサム酸は、多くの医療現場で使われている安全性の高い成分です。

厚生労働省が認めた成分で、口内炎などの肌の炎症からメラノサイトの活性化を抑制する美白作用まで幅広く活使われています。

メラノサイトの抑制

メラニンを生成する大元の細胞がメラノサイトです。

メラニン色素はメラノサイトが活性化することで生成されます。

トラネキサム酸は、そんなメラノサイトの発生を抑制する効果が期待できます。

抗炎症作用

ニキビや口内炎などの治療にも使われるトラネキサム酸だからこそ、デリケートゾーンの肌の炎症も沈める働きが期待できます。

デリケートゾーンの黒ずみケアができるクリーム選びの6つのポイント

デリケートゾーンの黒ずみケアができるクリーム選びの6つのポイント

即効性が高い商品

デリケートゾーン専用クリームをつかって黒ずみケアをするなら、口コミを確認して3ヶ月半の間に肌の明るさを実感している商品を選びましょう。

美白成分が含まれているクリーム

黒ずみケアしたい時には、メラニン色素を集中的にケアしていかないといけません。

保湿成分だけではメラニンの生成を抑制することはできませんからね。

デリケートゾーンにも使える美白成分は必ず含まれていることを確認して購入しましょう。

無添加で肌に優しいクリーム

「これくらいの刺激で?」と思う刺激成分がデリケートゾーンには強いストレスを与えることがよくあります。

デリケートゾーン専用クリームであることはもちろん、できるだけ添加物の含まれていないクリームを塗ることも、透明肌に近づく近道です。

十分な保湿成分が入っているクリーム

肌が潤わないと保湿力・保水力とも低下するのでターンオーバーも促進されません。

美白成分だけではターンオーバーを促進させて黒ずみ色素を排出することは難しいので、浸透力の高い保湿成分が入っていることを選びましょう。

そんな浸透力の高い保湿成分は、アルブチンやプラセンタ、トラネキサム酸などがデリケートゾーンに使われることが多いです。

もしもこれらの保湿成分で保湿が足らないと感じる時には、上からワセリンを薄くのばすと肌に膜ができるので乾燥しにくくなります。

予算にあった価格の商品

デリケートゾーンにつけるクリームは刺激の強い成分がほとんど入っていません。

ハイドロキノンのようなある程度の即効性は期待できません。

最低でも3ヶ月以上かかって黒ずみケアをしていくものがデリケートゾーン専用クリームです。

そのため、継続しやすい価格を選ばないと、いくら良い商品でも効果を実感する前にお金が足らなく効果が分からなかったなんてこともあります。

お試しができる返金保証付きのクリーム

いくらデリケートゾーン専用のクリームを買っても、100%自分の肌に合うという保証はありません

お試しを使って確認したり、副作用が出た時にはお金が戻ってくるなどのシステムが導入されているクリームの方が長く使いやすいです。

【トラネキサム酸配合】デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームランキング

3位 ヴィエルホワイト

 

この投稿をInstagramで見る

 

rinさん(@rinrin____3)がシェアした投稿

おすすめポイント

  • 潤い成分・美白成分ともに高配合
  • 石油系界面活性剤・シリコン・着色料・アルコール・紫外線吸収剤不使用
  • 精油を使った香りケア
  • 黒ずみケアアイテム堂々第1位獲得!(女性雑誌にて)

潤い成分には、トリプルヒアルロン酸・トレハロース・セラミド・コラーゲンが含まれています。

美白成分には、プラセンタ・ビザボロール・ビタミンC誘導体・米ぬかエキスが含まれています。

悪い口コミ

  • ずっと使ってても効果なし!

黒ずみケアをするために、2ヶ月せっせと使っていたのに何も効果なし!

良い口コミ

  • かわいいし肌が明るくなった

絶対にデリケートゾーン専用クリームだなんて思わないウサギの箱!一目見て、かわいい!と思いました。

私は敏感肌で化粧水やクリームはしっかり厳選しないと使えませんが、ヴィエルホワイトは普通に使えました

最近3ヶ月目に入ったのですが、茶色だった肌が明らかに薄くなっています!段々キレイになっていくのは見ていて嬉しいですね!

  • 1本使い終わった感想

まだ1本目だけど、肌が明るくなったので報告です!口コミをみると、「ヴィエルホワイトを使うと痛い!」という人もいるようですね。

私も少しありましたが、あの痛みは浸透通だと思います。

私の場合は十分使える範囲内でした。

2位 ホスピピュアVIO

 

この投稿をInstagramで見る

 

miii___tさん(@miii___t73)がシェアした投稿

おすすめポイント

  • 美白成分ビタミンC誘導体・アルブチン・グリチルリチン酸2K配合
  • デリケートゾーン施術実績が7万件を超す有名脱毛サロンが開発
  • 食物由来エキスを配合して優しく透明肌アップ
  • 合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベン不使用

悪い口コミ

  • この値段は続けられない

べたつかないから使いやすくて大好きです。

エステに行くことなく、保湿は黒ずみケアが出来るのは忙しい人にはいいのではないでしょうか?でも、値段が一万円は高いと思います。

とても継続できる安心価格とは言えませんよね。

良い口コミ

  • もう1本買うのが楽しみ

初めはトロンとした手触りなのですが、すぐにサラッとして下着がベタベタすることもありません。

まだ完全に透明感が出たわけじゃないけど、前に比べると明るい肌になったなと思います。

もうちょっとで満足できそうかな!

  • 美容液なのに刺激がない

デリケートゾーン専用でも、美容液だから刺激がどうなのだろう?と心配しながら使っていたのですが、全く副作用が出ることなく使えています。

香りも私の好きな柑橘系の匂いだし、透明肌に即効性があるとは思えないけど、少しずつキレイになっていっている肌をみるとワクワクしてきます。

ホスピピュアVIOキャンペーン
9,960円 ⇒ 980円(89%OFF)
※キャンペーンが終了している場合はご了承ください。

>>ホスピピュアVIOのキャンペーンはこちら

1位 イビサクリーム

 

この投稿をInstagramで見る

 

松山英礼奈さん(@erena_matsuyama82)がシェアした投稿

おすすめポイント

  • 満足度96.7%
  • デリケートゾーン人気アイテム堂々1位獲得!
  • 透明肌に導きながら肌の炎症も沈める
  • 成分をカプセルに閉じ込める独自技術で、肌の奥まで美容成分を確実に届ける
  • 8種類の保湿成分で肌を高保湿
  • 合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベン不使用
  • 生産は全て国内

黒ずみケアアイテムとして人気の高いイビサクリーム。

保湿成分には、ステアロイルフィトスフィンゴシン・天然ビタミンE・乳酸ナトリウム液・ローズ水・水添大豆リン脂質・グリセリン・1,2-ペンタンジオール・BGが含まれています。

悪い口コミ

  • 効果のない人もいる

決して安い買い物じゃないけど2年間頑張って購入!でも、結果全く効果なし!

私みたいな人もいるってことを伝えたくてご紹介しました。

もちろん定期コースは解約。

高いお金、返してください。

良い口コミ

  • 地黒の私でも効果が分かった!

元々肌の色が濃いめなので私には向いていないかな?と思ったのですが、黒ずみがなくなったことはよく分かりました

ここまで来るのに8ヶ月くらいかかったけど、頑張った甲斐があったと思います。

彼氏に指摘されることもないでしょう!

  • 家に必ずあるもの

私は3ヶ月くらいで肌に変化がありました。

そして、半年くらい使っていたら、自分でも満足するくらいの透明肌になりました。

黒ずんでいる頃の肌から、こんなにキレイな肌になれたなんて嬉しいです。

今では、家に必ず1つはないと心配になっちゃうくらいにお気に入りのアイテムになりました。

イビサクリームキャンペーン
7,000円 ⇒ 4,900円(30%OFF)
※キャンペーンが終了している場合はご了承ください。

>>イビサクリームのキャンペーンはこちら

デリケートゾーンの黒ずみにトラネキサム酸配合クリームは有効?!
タイトルとURLをコピーしました